美馬市空き家バンク

メールでのお問合せ

美馬市空き家バンク

menu

お知らせ

美馬市空き家バンク > 未分類 > 利用登録が完了する前に物件を見に行かないよう注意する理由

利用登録が完了する前に物件を見に行かないよう注意する理由

今日は空き家バンクに登録されている家を、ご自身で勝手に見に行かないで欲しい理由をご説明いたします。

空き家バンクは自治体のサービスであり、所有者との信頼関係があって初めて、空き家であることを教えていただいております。所有者の中には空き家になっていることを恥だと考えておられる方もいらっしゃいますし、空き家であることを他人に知られたくないと考えている方は少なくありません。

では仮にHP上で公開しているからといって、私どもを介さず外見の特徴から判断し、見に行った方がいたとして、もし登録物件ではなく、間違って現に住んでいる方がいる家に行ってしまったらどうでしょうか。住んでいる方からすると突然、見知らぬ人が家を見に来たら不審に思われるかもしれません。極端かもしれませんが、不審に思った方が通報したらどうでしょうか、勝手に見に行った方は不法侵入者(住居侵入罪)となってしまうかもしれません。またHP上で住所の詳細までは公開しない理由は防犯の意味も兼ねています。

家も人と同じ様に様々な個性があります。

家は物ですが、そこには他人の想像を超える大切な思い出が詰まっています。思い出がある所有者にとってその家は、単なる物として扱って欲しくない、自分はもう住んであげられないけれども、出来れば大切に使ってくれる方に住んで欲しい。そう考えておられる方が多数を占めています。

私たちはその思いに応えたいと考えています。

だからこそ、その思いに対しても誠意をもって、利用希望者の方にも接するよう心掛けています。登録には専用の申し込み用紙にお名前・ご住所・連絡先・現職などを書いて頂いた原本を提出いただいています。「この時代にまだ紙を使っているのか?」とお𠮟りを受ける事もありますが、これは今後も変わることはありません。ご面倒かもしれませんが、どうかご自身の判断で家を見に行くことの無きようお願いいたします。

一覧へ戻る

関連サイト

Copyright (C) 2017美馬市空き家バンク All Rights Reserved.

ページトップへ戻る